「ICCプロファイル(拡張子が.iccまたは.icmのファイル)」とは、いわば各機器での「比色分析のIDカード」で、特定紙にプリンタで印刷するそれぞれの方法の調整を行います。より多くの装置をカラーマネージメントシステムによる印刷チェーン(DPA、スキャナ、スクリーン、プリンタ/紙)に統合するほど、印刷の結果は向上します。ICCプロファイルはどのように決定されるのですか。各々のプロファイルは、各機器から直接測定して決定しています。標準的な印刷エリアは、最大で数千の色パッチに分けられ、比色計またはスペクトル比色計によって計測を行ったうえで、出力データのプロフィールを算出し、決定します。どのように機能していますか。ICCプロファイルは、カラーマネージメントシステムで使用する共通の「言語」で、人間の視覚により近いLABカラーモードに基づいています。例えば、用紙印刷で加算RGB合成および減算CMNK印刷を使用するスクリーンでは、カラーマネージメントシステムによる共通のLAB言語あるいは値によってのみ(印刷チェーンの各ステップで変換が行われます)調節することができます。LABモードは、ICC(国際色コンソーシアム)のアーキテクチャの要となる電算アセットです。 

注意: ICCプロファイルは、写真編集ソフトウェアではありません!ICCプロファイルは、与えられた条件に対する周辺装置の比色定量能力の反映機能の部分のみを担っています。


ICCプロファイル
FAQに戻る