19 9月 2016

Canson® は、新製品と Infinity シリーズのポートフォリオを次の展示会で公開しています:
ドイツのケルンにて、9月20日から25日まで開催されるPhotokina見本市、ホール3.1の当社ブースA016、B019にぜひお越しください。

Canson® Infinity シリーズの強力な製品ポートフォリオに新たな製品が加わります

Canson® Infinity Baryta Prestige 340 g/m²は、ファインアートのインクジェットプリント専用に開発されたバリタ紙です。この用紙は、無酸紙で、アルファセルロースとコットンの白い紙面のベースに、本物の硫酸バリウム・コーティングを行っています。その質感は、伝統的な暗室紙の外観や審美性を思わせます。
この用紙の特性は極めてユニークなものです: 優れた表面の耐久性、顕著な黒の光学密度(D-max)および素晴らしいイメージの鋭さを提供します。
この用紙は、優れた平坦度の特質を持ち、表面張力が高く、印刷した部分と印刷されなかった部分との光沢差が極めて低くなっています。この用紙は、極めて広い色調範囲を提供し、色彩の再現性を向上させ、視覚的なインパクトをさらに高めます。
Canson® Infinity Baryta Prestige 340 g/m²は、黒、白、あるいはカラーの文書保管印刷にも対応した、違いを知る写真家および版画製作者の方のための革新的な製品です。


Glassine Translucent Archival Interleaving Paper(グラシン半透明アーカイブインターリービング紙) – 40 g/m²

Canson® Infinity から、1,118×50mサイズのグラシン紙ロールが発売されます。イラストや写真の保存、保管およびアーカイビング(収蔵)に理想的です。


新規サービス:Canson® Infinity E-アカデミーをで公開中

Canson® Infinity E-アカデミーは、写真の専門家による、実践的な動画およびライブ配信ウェビナーをお届けするEラーンニング・ツールです:Lightroom、ICCプロファイル、モニター補正、色彩管理、優れたプリントの美学、耐久性および経年劣化耐性、プリンター選びほか多くのテーマを扱っています。