写真のプリントを美しく仕上げるため、 ファインアートプリントがより多く求められるようになってきています。これが意味するものは?
 

ファインアートプリント、プロ仕様の高品質プリント

 
写真がアートになるとき、そのイメージの真価を引き出し、高品質プリントの仕上がりを得るためには、ファインアート写真にふさわしい固有のプリント技術が必要です。
ファインアートプリントでは、写真の価値を最大限に高め、その寿命を向上させるため、次の3つの要素の組み合わせが求められます。 

数多くの写真やアートの専門家たちが、ギャラリーや美術館でファインアートプリントを求めています。その仕上がりは、銀塩写真プリントの品質と比肩し、あるいはそれさえ凌駕するものです。 
 

ファインアート用紙とインクの組み合わせ​

 
写真のプリントでは、ファインアート用紙は、一般的には綿とアルファセルロースといった天然繊維を素材に使ったプロ品質の用紙です。
ファインアート用紙の表面の層は、プリントの色素を保持する部分であり、色の固着と、時間が経ってもインクを保持する力に優れていることを保証する完璧さが必要です。
ファインアート用紙には様々な種類があり、紙の素材の組成がそれぞれ異なります。また、微細な孔や、質感も異なっています。
 
プリントの仕上がりに完璧を期すためには、ファインアートプリントではインクの選択も考慮に入れることが必要です。色素がにじまず、保持力に優れた用紙が求められます。インクの種類は、ファインアート用紙の種類にあったものである必要があります。これらの2つの要素の組み合わせが、写真プリントで名声に値する完璧な品質のプリントを約束するのです。
 
ファインアートプリントとは、このように名声に値する写真プリントを仕上げるために、さまざまな要素の組み合わせからなると言えるでしょう。この理由から、プリントは専門家に依頼することを推奨します。用紙の選択、プリントの種類について詳細な助言を提供し、そしてプリントのあらゆるステップを丁寧に行い、完璧な仕上がりのイメージのプリントをお約束します。
 
FAQに戻る