写真作品を展示する際、写真の持つ魅力、込められた想いを引き出すうえで用紙選びは極めて重要なポイントであることは言うまでもないが、同じように支持体選びも大切な要素です。

 

Dibond シートへのプリントのマウント加工とは?
 

Dibond は3A Composites社のブランドです。発売以来、写真業界でもおなじみのブランドです。
Dibondは、ポリエチレン芯材を2枚のアルミ合金板ではさんだ複合材です。
アート写真プリントでは、お好みの用紙にプリントをした後、 Dibondシートにマウント加工を行います。そのため、アート紙の持つ特性をすべて(質感、イメージ、色調、耐久性、色のダイナミズムとコントラストなど)そのまま保つことができます。
さらに、様々なシステムに合わせて作品を簡単に掛けることができるメリットもあります。
 
 写真の専門家から益々多くの支持を集めるこの製品は、写真の特徴を変えずに、作品をより手軽に展示することを可能にします。



シャドーボックスとは?


美しいアート作品の魅力をさらにフレームで引き出したいものです。
シャドーボックスは写真の最高に仕上げる手段のひとつであり、Dibond等と組み合わせることも可能です。洗練されたモダンなシャドーボックスは作品の価値をさらに高めることでしょう。
シャドーボックスを使用すると、写真作品が浮いている印象を与えます。これは作品が額縁より数ミリ奥に設置されているためです。それだけでなく、額縁はDibondシートの縁部分に固定されていないため、イメージがまるで生き生きと呼吸をしているかのよう印象を与えます。
 
Dibond 加工とシャドーボックスを組み合わせて使うと、ファインアート写真作品に素晴らしい仕上がりを与えることができます。これは、アートギャラリーや美術館で作品を展示される方におすすめの方法です。
 
Dibond加工、及びシャドーボックスの詳細については、ぜひお近くのCanson® Infinity認定プリントラボにお問い合わせください。作品の魅力をさらに引き出すアドバイスをさせていただきます。

 
 
FAQに戻る