ロバート・ロドリゲス・ジュニア - Robert Rodriguez Jr.- は、アメリカの写真家で、風景写真を専門としています。同氏は、Canson® Infinity のブランド大使を務めています。
 

ロバート・ロドリゲス・ジュニア - Robert Rodriguez Jr. - ハドソンの谷に恋した写真家 

 
ボストンの名門バークリー音楽大学で音楽の学位を取得した同氏は、15年近くプロデューサー、編曲家として活躍してきました。その後、キャリアの転機が訪れ、彼は風景写真家に転身しました。
 
ニューヨーク州のハドソン渓谷の境界に魅せられた彼は、渓谷の岸をそぞろ歩き、小動物の世界や土地の植物のディテール、そして全体像を写真に収めることを好んでいます。 
彼はニューヨーク・タイムズで働き、その作品の多くはハドソン地域の環境保全団体であるハドソン・シーニックで利用されました。さらに多くの会議でも活動し、アートギャラリーでの作品展示を行ってきました。
 

情熱を共有する写真

 
ロバート・ロドリゲス・ジュニア -Robert Rodriguez Jr.- 。彼はなによりもまず情熱にあふれています。彼は自然を愛し、仕事を愛し、なによりもこうした二つの情熱の源を共有することを愛しています。彼は専門家ならびにアマチュア向けに定期的に、数日を自然の中で過ごすいくつかのワークショップを開いています。ハドソンの谷や、アメリカの国立自然公園で、彼がガイドとなり、アドバイスを提供しています。撮影からリタッチを経て用紙のプリントまで、彼はきわめて思慮深い教師です。
 
Canson® Infinityのブランド大使として、ロバート・ロドリゲス・ジュニア - Robert Rodriguez Jr.- は、ファインアートプリント用紙の高い品質に愛着を持っています。それは彼の情動や感覚、そしてこの土地で覚えた感動を写真で再現することを可能にしてくれる用紙なのです。写真全体の品質を保つものは写真用紙であり、そしてまたそのディテール(コントラスト、ディテール、輝度)でもあると彼は考えています。
 
FAQに戻る