ファインアートプリントとは、専門家により最高の用紙を使用した写真プリントを指す際にしばしば使われる用語です。この呼称はブランドではなく、多くの写真家およびプリント技術者が求める優れた品質を持つ用紙を指します。
 

専門家を引きつけるファインアート用紙

 
アート用紙と写真用紙の間の違いは、紙そのものにあります。実際天然繊維(通常綿あるいはアルファセルロース)がアート用紙には使われています。この紙は、塩素による漂白を行わず、写真の経時耐久性を保証するものです。アート写真のためにぴったりの長所です!
 
通常の写真紙は、特に何かの折に触れ記念として撮影した写真プリントのニーズに応えるものです。一方、アート用紙は、イメージの美しい刷り上がりを重視し、また展示鑑賞用にも適した品質を持っています。
 

ファインアート用紙: 長持ちするプリントのために 

 
ファインアート用紙は、ハイクラスの品質を持つ写真のプリント向けで、インクや色素の保持に最適化されています。表面の構成により、インクを長期にわたって最適に保持でき、さらに紙が経時変化に耐えられるようpHを中性に維持しています。
 
最後にアート紙は、画像の構成を生かし、濃密な色彩と、くっきりとしたコントラストで、グレーのすばらしいニュアンスを再現できるよう、理想的なサポートを提供します。
 
プロとして写真をプリントするなら、Canson® Infinity認定プリントラボの専門家にお気軽にご相談ください。作品のクオリティを極限まで高めるための、最適な用紙選びをガイドします。
FAQに戻る