こうしたプリント工程の間、オペレータは、画像編集ソフト(例えばフォトショップ、Lightroomなど)のさまざまな修正ツールを使用して、色の明度やサチュレーションといったパラメータを修正していきます。 

オペレータは、プリントしたい色に合わせて画像や色を調整し、カラーマネジメント用ソフトウェアの「ソフトプルーフ」セクションの調整スクリーンで、あらかじめ印刷結果をコントロールすることができます。これは、ICCプロファイルを使用し、用紙とプリンタをあわせ、最終的な印刷結果をシミュレートする作業です。 

注: 適切なICCプロファイルで画像を保存することが必要です。
FAQに戻る