「CMYKは、シアン、マゼンタ、黄および黒を意味します。このうちシアン、マゼンタ、黄の各色は、減算合成での原色です。理論的lな視点からは、CMYの各色を組み合わせることで、黒から白までのすべての陰影が再現できます。ただし、実際には印刷(例: インクジェットあるいはオフセット)に使用されるインクは純度が不足しているため、こうした理論的な黒に達することは不可能です。 

CMYで各色の最高数量を加えると、紙面には暗褐色だけが印刷されます。したがって、可能な限り最も深く純粋な黒を得るため「K」つまり黒インクが加わりました。CMYKファイルは、4つの合成層(それぞれの色が0~100まででコード化されています)からなります。  

注意:インクジェットプリンタで減産によるCMJK合成を使用している場合であっても、最後に画像を印刷するまでは、RBGファイルで作業するように推奨しています。これにより、保存が可能な範囲での全ての色調をファイルに維持することが可能になります。顔料インクジェットプリンタは、すべて標準として2つのタイプの黒インクを使用できます。「ブラックマットインク」は、通常マット紙 と組み合わせ、「ブラックフォトインク」は光沢または半光沢紙にのみで使用されます。 

プリンタおよび紙のタイプに応じて、黒インク選択は、自動あるいは手動のドライバ構成で決定できます。プリンタでICCプロファイルに関連した設定の推奨事項を十分ご確認ください。
FAQに戻る